So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
飛翔昆虫の減少がムカデを抑える ブログトップ

紫外線とムカデの関係 [飛翔昆虫の減少がムカデを抑える]

一昨日20日から広島へ出張に行って来ました。

今回のミッションは、とある施設の超高圧超高温洗浄の夜間作業です。

呉出張の目的は夜間作業なので、その出張を利用して広島市内でガラスコーティングも同時に施工しました。

ガラスコーティングはATOを利用した遮熱コーティングですが、遮熱がメインの目的ではなく、紫外線カットがメイン目的です。

4月末にムカデ返し(SCキーパー)を取り付けた施主様宅ですが、裏山からムカデが施主様宅めがけて降りて来る訳ですが、それは家から漏れる夜間の照明の明かりに、飛翔昆虫が飛んできます。

窓ガラスに体当たりした虫が地面に落下するのを狙って、ムカデがパクリ捕食します。 当初、紫外線カットフィルムを張ろうと考えましたが、よく見ると窓ガラスが網入りの複層ガラスが使用されてるので、フィルム張りは、ガラスの熱割れが心配されるので結局却下。 と言う事で、遮熱ガラスコーティングを施工する事に成りました。

1.jpg  3.jpg

階段ホールの明かり取り窓から漏れる光に飛翔昆虫がやって来ます。裏山から降り来るムカデを少しでも減らすには、飛翔昆虫を寄せ付けない事です。専用のパットを使い、素早くコーティング剤を塗り広げます。

2.jpg

下地処理をした2階の窓ガラスも素早く遮熱コーティング剤を塗る広げます。

紫外線のカット率は99.9% これで、飛翔昆虫の飛来はかなり少なく成ります。


飛翔昆虫の減少がムカデを抑える ブログトップ