So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

9月のムカデ対策 [秋はムカデの交尾シーズン]

9月に成り夜の気温が少しづつ下がると、今まで成りを潜めていたムカデが活動を始めます。

既に8月にも室内でムカデが出現した様で、秋の交尾シーズンを前に対策を講じる為の現調と成りました。

2.JPG

建物の概況調査・・・確かにムカデが侵入しそうです。

3.JPG

全体的にムカデ集まりそうです

4.JPG

薬剤処理では対応しきれないので、ムカデ返しの取り付けが望ましいですが、

玄関ポーチ脇のブッロクが邪魔しそうですが、少し削れば設置できそうです。


夏のムカデ対策 [環境的ムカデ防除]

ムカデ駆除及び防除対策には、薬剤処理を行う科学的対処方法。

SCキーパー等のムカデ返しの様な機材を使用する、物理的対象方法。 

建物外周を棲みにくする環境的対処方法の、3通りの防除対策

薬剤処理を行うにも、ムカデが薬剤に振れやすい環境も整えなければなりません。

1.JPG

建物外周の薬剤処理しようにも、これでは薬剤にムカデが触れません

3.JPG

建物までツルが伸び来る状態では、直接サッシにムカデが這い上がれます4.JPG

建物外周は草木を抜き取り、犬走コンクリート打設を行いメンテナンスをし易い様に対策です。


ムカデの出る訳 [ムカデの住む環境]

ムカデが頻繁に出没するとの事で、ムカデ対策の現調に向かいました。

洋間の一部屋だけが集中して、出没するとの事・・・・訳アリだなと直感!やはり、リビングを改装して子供さんのお部屋にされました。

リビングは、もともと堀天井に成って居るので、段違いの隙間が空いて居ます。ここから、床下に侵入したムカデが迷いながら出没します。

1.JPG

建物外周はムカデが潜みやす敷石です。

2.JPG

和風庭園はムカデが住み着き易いです。

4.JPG

砂利もムカデにとっては好条件のポイントです。

建物に近づいたムカデは、換気口から床下に侵入します。


ムカデ駆除・ヤスデ駆除・黒アリ駆除 [3種の薬剤使い分け専門的駆除]

梅雨の晴れ間を狙って、ムカデ・ヤスデ・黒アリ対策です。

土壌を徘徊して建物内に侵入する昆虫は、土壌表面に薬剤処理をする事で、薬剤に接触させる機会を多くさせ、効率よく体内に取り込ませること、早く駆除効果が出てきます。

粉剤は関節や触覚に薬剤が直接絡み易く、晴天が続く時の処理方法としては最適です。半面、雨に弱く湿気が有ると固まり易い性質が有るので、雨が降り続ける時の対処としては好ましくありません。

粒剤は、有効成分を粒剤に染み込ませ、接触毒と気門から吸入させる吸気毒性をも兼ね合わせるオールマイティーな薬剤で、雨で流される損失量は粉剤に比べれば少なく済みます。また、濡れても乾燥すればサラサラ状態に戻ります。

水溶性薬剤は、攻撃的な薬剤処理法の一つで、潜んでいる場所に直接駆除剤としての効果を発揮しますし、隙間へ流れ込んでいくので、潜みやすい昆虫にには友好的な駆除です。

上記の3種類の薬剤を上手く組み合わせる事で、対象昆虫をシッカリ駆除・予防する事が可能と成ります。

1.JPG

最初に水溶性薬剤を散布して、潜んでいる場所へ注入散布を行います。

3.JPG

水溶性薬剤が一通り乾いたら、粉剤を散布して予防効果を高めます

2.JPG

人目に付き易い場所や、粉剤だと舞い上がりやすい場所・雨で流れやすい場所は、粒剤を使います。


ムカデ対策はこれに限る! [良く効くムカデ対策]

梅雨入り前の土曜日 晴天に恵まれたお陰で、ムカデ対策の決定版!ムカデ返しこと SCキーパーを取付けました。

基礎に設置されている、換気口の網目が大きいので、ムカデはいとも簡単に床下に侵入出来ます。

床下の虫を捕食して食べたり、夜間電燈に飛来して落下する虫類を狙って捕食を行います。室内へは誤って侵入するケース殆ど、そのたまに侵入するムカデに、嫌いな人ほど遭遇する機会が多いようです。

4.JPG

これだけ大きな換気スリットでは、ネズミの侵入も十分可能です。

基礎表面が凹凸に成って居るので、SCキーパーを取付けても隙間が空きます。

5.JPG

キーパーのレール部分を基礎に取付、下部の隙間にバックアップ材を入れ、

シリコンコーキングで隙間を塞ぎます。

1.JPG

トレイに薬剤を補填した後、カバーを取付けると 見た目もスッキリスマートです。

2.JPG

玄関回りもスッキリ綺麗です。


ムカデ止めます! [ムカデ駆除一番]

季節は梅雨前、5月なのにジメジメと湿気の多い、ここ数日間です。

ムカデ駆除に関する問い合わせが一気に増えました。

ムカデ駆除一番は、SCキーパー・ムカデ返しの取り付けが決定的な効果を発揮します!

多くの人に知って欲しです。 広告に偽りなしです! ムカデ止めます!!

6月号大 mukade.jpg

6月号小.jpg


ムカデ駆除一番はSCキーパー [ムカデ返しからムカデが逃げる]

先週の土曜日は、神奈川へ遠征、来週は愛媛まで移動してのSCキーパー取付、週末の28日は高山へ向かいムカデ対策と、ムカデ対策に忙しい日々です。

2.JPG

SCキーパーを設置した基礎に、ムカデが身を隠すために上っていきますが・・・

3.JPG

トレイの中には薬剤が補填して有るので、薬剤に触れた途端逃げ降りてきます。

7.JPG

勝手口のコンクリートステップにも隙間が開かない様に取付で効果は抜群!

8.JPG

化粧の基礎には隙間が出来るので、隙間からムカデが直接侵入出来ない様に、

コーキングで隙間の補修を行います。


ムカデ・ヤスデ対策 SCキーパー [ヤスデ対策一番]

本日はヤスデ対策に神奈川への出張です。

SCキーパーは徘徊性昆虫の代表格である、ムカデ・ヤスデ・ダンゴムシ・ナメクジ・クロアリ類を物理的にSTOPさせる、優れものです。

今回ご依頼の施主様は、ヤスデの侵入にハタハタお困りの様で、何とか対策出来ないか?と、色々調べて下さり弊社のHPからSCキーパーを探しご依頼賜りました。

ヤスデシーズン前に設置出来て一安心です。 lineを使用しての写真のやり取りだけでの見積もりだったので、取り付けには多少の心配も有りましたが、理想的な取り付けが出来、ほぼ完璧な仕上がりと成りました。

2.JPG  1.JPG

設置前の基礎沿いに既にヤスデが徘徊して、お出迎えしてくれました。

4.JPG  3.JPG

基礎上部の水切り板金の下に、もう一つの水切りが接地されたイメージです。


SCキーパー取り付け [ムカデ返し取り付け]

本日は関西まで出張して、ムカデ返しSCキーパーを取り付けました。

施主様宅は、新築して間もないお家ですが、ムカデが室内まで徘徊してくるとの事です。

お隣に古い母屋が有りますが、古い隙間の有る母屋より新築間もないお家に出現するには、それなりの理由が有るはずです。

玄関ポーチを這い上がり侵入するケースが考えらます。玄関ポーチへの設置は必須です。

5.JPG

設置前の玄関ポーチ

4.JPG

キーパー本体のトレイを設置

3.JPG

仕上がりはスッキリです。


枕木にムカデ棲息 [地中に埋まった枕木はムカデの温床]

外溝に枕木を使用するのが一時はやりました。 本来の使用方法を無視して、枕木をを地中に埋め縦方向に使用して目隠しフェンス替わりにしたり、地中に半分以上埋設し、飛び石代わりにガーデニングに使用されたます。

本来、水捌けの良い砕石の上に、線路を固定する為に使用されていた枕木。防腐剤を加圧注入処理され、腐り難く、虫害を防ぐ加工が施され、長い期間風雨にさらされながらも高耐久として用いられてきました。

本来は、地中に埋設する様な使用はご法度なのを、外溝関係者は知らなかったのだろうか・・・・。それとも、デザイナー優先で使用してしまったのでしょうか?

地中に埋まった枕木の腐食部分にムカデが棲息しています。腐朽も進行してるので、撤去してムカデ駆除・予防処理を行ってます。

10.JPG

枕木の根元は全て腐ってボロボロ状態

11.JPG

適度な湿り気はムカデにとってはベストコンデションの場所です。

12.JPG

薬剤処理(水溶性)をすると、やはり苦しくなって出現しました。


前の10件 | -
メッセージを送る